窓がたくさんある家、明るくてよいと思ったら、夏は暑いし冬は寒い

以前住んでいた家が、窓が小さく部屋全体がうす暗かったのが嫌で、新築するときには、自然光がたっぷりと入る明るい家したいと思いました。

2階建てで、一番南の部屋にリビングダイニング、リビングの庭に面するところは掃き出し窓を大きくとりました。

東側も各部屋に大きめの窓や掃き出し窓をつけました。

朝は明るく、日差しがたっぷりと入ってとても気持ちがいいのですが、最近の猛暑で夏場は部屋の中の温度が上がりすぎてしまいます。

エアコンをかけても、窓の面積が大きいので効率が悪く、猛暑日には雨戸を閉めて効かせないといけなかったり、あまりに暑い日はリビングで過ごすのを諦めた日もありました。

冬も同様で、エアコンの効きが悪く、光熱費がかさみます。

家に来てくれた人は明るくていいね、といってくれますが、真夏のようにせっかくの部屋で過ごせない日があるのは失敗だったなと思います。

年々気候が厳しくなっているのをもっと考えて窓を大きくしても、温度管理がしやすい設計にすれば良かったなと思います。

リビングと庭の間にデッキテラスをつけて、庇を大きくとって、直接室内に入る光の量を減らしたり、紫外線や室内の冷気、暖気が通過しにくい素材の窓にしたり工夫すればよかったと思います。

よく読まれてるサイト>>>>>鶴見区の注文住宅

Categories: 未分類