犬を飼う前に留意しておきたい事項

犬を飼う際の大事な心得

ペットを飼うときはみんな可愛いから飼いたいと思って購入すると思いますが、買うときは手のひらに乗るくらい小さい犬でも犬種によってはぐんぐん大きくなる犬種もいますから、生後間もない時の姿だけではなく、成犬に育ったときの体形なども事前に良く調べておくことが肝要です。

またペットも人間と同じく、元気な時だけばかりではなく、病気にもかかりますし、病院の薬代や治療代もバカにはなりませんから、しっかりお金の算段は付けておくことも肝要です。

また人間と同じく、年老いてくると介護が必要にもなりますから、世話も大変になりますので、覚悟しておくべきです。

一番大事なことは、ペットは家族の一員であるということです。

一旦、家族の一員になったからには、命が尽きるまでしっかり世話してやる覚悟を持って購入して欲しいです。

家族の一員に加わってからの留意事項昔は人間が食べるものを御飯にあげていましたが、人間の食事は塩分もカロリーも高いですから、そのまま食べさせてはペットの寿命を縮めてしまいますし、色んな病気の原因にもなりかねません。

ですから、必ずペットフードをあげるべきです。

また犬は外での散歩を好みますから、特に室内犬の場合はストレス発散の為にも朝夕の散歩は欠かせない日課です。

毎年必ず狂犬病の予防接種を済ませ、春先以降はノミ・ダニの予防薬やフィラリア予防薬を必ず与えて下さい。

散歩中に人に噛みつく事故が起こることもありますし、また草むらに入り込んでノミ・ダニをもらってきたり、フィラリアに感染することもありますから、飼い主の義務としてこれらのことは実行してください。

散歩中に犬はオシッコやウンチをやりますから、オシッコをしたら、必ず水をかけて流す、ウンチは必ず袋に入れて持ち帰るということも飼い主のマナーとして守って下さい。

無駄吠えを防ぐ方法

犬種によっては、人の姿を見るだけで吠えだす犬がいます。

また飼い主が注意しても従わない犬もいます。

これらのことは、生後数か月以内にしっかり躾を行えば、大概の犬は教育されます。

子供と大体同じと考えて良いと思います。

どうしても飼い主の手に負えない場合は、そういう犬を専門にトレーニングしてくれる施設に預けるのも検討すべきかと思います。

引用:カナガンドッグフード 最安値

Categories: 未分類